original-share-button_ecmg-ps

マーケティング

カッコ美しい、オリジナルシェアボタン。サイトデザインに合わせた作り方と簡単カスタマイズ

FacebookやTwitterなどのSNSボタンは、各サービスごとに公式のものが用意されている。

original-share-button_01

発信した情報を拡散するためには今や欠かせない存在。でもこの公式ボタンたちは、ページ表示する度に「毎回」正確なシェア数を探しに行っている。毎秒のように、世界中を飛び回って。いやまったく、ご苦労さんと言いたい。ところが、だ。

original-share-button_ins1

君らのおかげで、ページ表示が格段に遅くなる。5個も6個もあるとなおさらだ。訪問者に対する、私たちのオモテナシの心をどーしてくれるんだい?心を込めて仕上げたコンテンツだ。作品だ。目もくれずに去ってしまうじゃあないか。

よーしついでに言ってしまおう。デザインも野暮ったい。統一感もない。色も形もだ。目もチカチカする。いやホント申し訳ないんだがホントのことなんだからしょーがない。

だから、サイトデザインにビシッ!と合わせて、スムーズにページ表示してくれるオリジナルシェアボタンを設置しよう。こんなカッコ美しいヤツを。

original-share-button_02

もちろんボタンごとにカラフルにしたっていい。サイトデザインに合えばいいだけ。自由だ。

original-share-button_16

さあ、公式クンたちを休ませてあげよう。

オリジナルシェアボタン設置のメリット

メリット

ページ表示速度アップ

思わず「押したくなる」ボタンアクション

記事ごとのシェア数推移を把握できる

サイトデザインに合わせてカスタマイズできる

好きな場所に設置できる

公式ボタンと併用できる

最後の【公式ボタンとの併用】。・・・ハテナマークが飛んでますね?
実はコレもおいしいメリットのひとつ。理由は後述。早速設置にとりかかります。

オリジナルシェアボタンの設置手順

設置手順

1. 10分で子テーマをつくる

2.「SNS Count Cache」プラグインをインストール

3. 子テーマの「style.css」にコードをまるっとコピー

4. 子テーマの「single.php」にコードをまるっとコピー

5. 微調整(おめかし)

10分で子テーマを作って、プラグインを入れて、まるっとコピーしたら後は微調整。思ったよりずっとカンタン。メリットいっぱい。夢がふくらむ。

original-share-button_ins6-ps

「変更したCSSがうまく反映されない!?」などのフシギ現象に遭遇しないために。
・カスタマイズは基本的に、キャッシュを全てクリアした状態で行うことをオススメします。
・プラグインであればキャッシュを削除し停止状態で。サーバーの特殊設定があれば一度停止。
意味ワカンネ、という人は気にしないでOK。

では、スタート。

1. 10分で子テーマをつくる

安全にカスタマイズするために。まずは10分で作ってしまいましょう。

2.「SNS Count Cache」プラグインをインストール

下の記事を参考にプラグインを有効化。一度設定するだけで、シェア数がボタンに表示されるようになります。管理画面内で記事ごとのシェア数推移(差分)を確認できるようになるので、それもオイシイ。とても助かります。ヤミツキ。

時期によるシェア率の違いを直感的に把握できたり、過去記事のメンテナンスにも役立ちます。

3. 子テーマの「style.css」にコードをまるっとコピー

下のコードをまるっとコピー。子テーマの「style.css」に追記します

/*---------------------------------
Original-SNS-Button
---------------------------------*/
.sns_frame_top{
/* margin-top:0px; */
/* margin-bottom:0px; */
}
.sns_frame_btm{
/* margin-top:0px; */
/* margin-bottom:0px; */
}
.sns_org {
display:block;
margin:auto;
width:100%;
}
.sns_org ul {
text-align:center;
list-style:none;
}
.sns_org li {
float:left;
width:18%;
margin:0 1% 30px 1%;
}
.sns_org li a {
font-size:75%;
position:relative;
display:block;
padding:12px 2px;
color:#fff;
border-radius:4px;
text-align:center;
text-decoration: none;
}
.sns_org li a:hover {
transform:translate3d(0px, 5px, 1px);
box-shadow:none;
transition-duration:0.4s;
transition-property:all;
transition-timing-function:ease;
}
/* ボタン内のシェア数スタイル */
.sns_org li a .sns_count {
position:absolute;
font-size:85%;
right:5px;
bottom:3px;
}
/* feedlyボタンスタイル */
.sns_org .feedly-o a {
background:#6B6B6B;
box-shadow:0 5px 0 #555555;
}
.sns_org .feedly-o a:hover {
background:#170042;
}
/* Twitterボタンスタイル */
.sns_org .twitter-o a {
background:#6B6B6B;
box-shadow:0 5px 0 #555555;
}
.sns_org .twitter-o a:hover {
background:#170042;
}
/* Facebookボタンスタイル */
.sns_org .facebook-o a {
background:#6B6B6B;
box-shadow:0 5px 0 #555555;
}
.sns_org .facebook-o a:hover {
background:#170042;
}
/* はてブボタンスタイル */
.sns_org .hatebu-o a {
background:#6B6B6B;
box-shadow:0 5px 0 #555555;
}
.sns_org .hatebu-o a:hover {
background:#170042;
}
/* Pocketボタンスタイル */
.sns_org .pocket-o a {
background:#6B6B6B;
box-shadow:0 5px 0 #555555;
}
.sns_org .pocket-o a:hover {
background:#170042;
}

TCDテーマであればほぼ問題ないかと思いますが、全ての作業を終えても表示が崩れたりした場合、下の記述をstyle.cssに加えてみてください。

.clearfix:after { content: "."; display:block; clear:both; height:0; font-size:0.1em; line-height:0; visibility:hidden; overflow:hidden; } .clearfix { display:inline-block; } * html .clearfix { height:1% } .clearfix { display:block; }

また、「mod_pagespeed」設定をしている場合も一時、表示が崩れることがあります。

もしmod_pagespeed設定をしている時だけ表示が崩れるようであれば、mod_pagespeed起因のキャッシュが原因となっていると思われます。

その際は一度mod_pagespeedを解除し、しばらく経ってから再度設定してみてください。(解除しておく時間はどれくらいか、は設定環境によるので明言できません)

4. 子テーマの「single.php」にコードをまるっとコピー

TCDテーマにはデフォルトで主要なSNSアイコンが用意されています。

original-share-button_03

デザインもいいですね。CSSで呼び出せるようになっているのも嬉しいところ。さらには「どこで使われてるんだろコレ?」的な隠しアイコン的なものまであったり・・・

じゃあ、おいしく流用させていただきましょう。

TCDテーマ以外の利用者は、もう一手間必要になります。(いつか紹介予定)

ここでは例として、記事ページトップにあるタイトル下と、記事本文の下に設置します。

タイトル下 | 記事本文下

original-share-button_04

original-share-button_05

タイトル下に設置

まずは下のコードをまるっとコピー。子テーマの「single.php」内、タイトル近辺の表示させたい場所に追記します

<!--オリジナルシェアボタンTOP ここから-->
<?php
$url_encode=urlencode(get_permalink());
$title_encode=urlencode(get_the_title());
?>
<div class="sns_frame_top">
<div class="sns_org">
<ul class="clearfix">
<!--feedlyボタン表示-->
<li class="feedly-o"><a href="https://feedly.com/i/subscription/feed/ここにトップページURLを入れる/feed/" target="_blank" rel="nofollow"><span class="icon-feedly" style="font-size: 145%;"></span><br><p style="margin-top:2px;">feedly</p><span class="sns_count"><?php if(function_exists('scc_get_follow_feedly')) echo (scc_get_follow_feedly()==0)?'':scc_get_follow_feedly(); ?></span></a></li>
<!--Twitterボタン表示-->
<li class="twitter-o"><a href="https://twitter.com/intent/tweet?url=<?php echo $url_encode;?>&text=<?php echo $title_encode ?>&tw_p=tweetbutton" onclick="javascript:window.open(this.href, '', 'menubar=no,toolbar=no,resizable=yes,scrollbars=yes,height=300,width=600');return false;" target="_blank" rel="nofollow"><span class="icon-twitter" style="font-size: 145%;"></span><br><p style="margin-top:2px;">Tweet</p><span class="sns_count"><?php if(function_exists('scc_get_share_twitter')) echo (scc_get_share_twitter()==0)?'':scc_get_share_twitter(); ?></span></a></li>
<!--Facebookボタン表示-->
<li class="facebook-o"><a href="https://www.facebook.com/sharer.php?src=bm&u=<?php echo $url_encode;?>&t=<?php echo $title_encode;?>" onclick="javascript:window.open(this.href, '', 'menubar=no,toolbar=no,resizable=yes,scrollbars=yes,height=300,width=600');return false;" target="_blank" rel="nofollow"><span class="icon-facebook2" style="font-size: 135%;"></span><br><p style="margin-top:2px;">Share</p><span class="sns_count"><?php if(function_exists('scc_get_share_facebook')) echo (scc_get_share_facebook()==0)?'':scc_get_share_facebook(); ?></span></a></li>
<!--はてブボタン表示-->
<li class="hatebu-o"><a href="http://b.hatena.ne.jp/add?mode=confirm&url=<?php echo $url_encode;?>" onclick="javascript:window.open(this.href, '', 'menubar=no,toolbar=no,resizable=yes,scrollbars=yes,height=500,width=530');return false;" target="_blank" rel="nofollow"><span class="icon-hatebu" style="font-size: 145%;"></span><br><p style="margin-top:2px;">Hatena</p><span class="sns_count"><?php if(function_exists('scc_get_share_hatebu')) echo (scc_get_share_hatebu()==0)?'':scc_get_share_hatebu(); ?></span></a></li>
<!--Pocketボタン表示-->
<li class="pocket-o"><a href="https://getpocket.com/edit?url=<?php echo $url_encode;?>&title=<?php echo $title_encode;?>" onclick="javascript:window.open(this.href, '', 'menubar=no,toolbar=no,resizable=yes,scrollbars=yes,height=300,width=600');return false;" target="_blank" rel="nofollow"><span class="icon-pocket" style="font-size: 145%;"></span><br><p style="margin-top:2px;">Pocket</p><span class="sns_count"><?php if(function_exists('scc_get_share_pocket')) echo (scc_get_share_pocket()==0)?'':scc_get_share_pocket(); ?></span></a></li>
</ul>
</div>
</div>
<!--オリジナルシェアボタンTOP ここまで-->
注意点

上のコード内でハイライトされている行の「ここにトップページURLを入れる」の部分は、自分のサイトのものに差し替える必要があります

》 feedly購読URL取得ページ 

上の公式ページ内「Step2」で、自分のサイトURLに【feed/】を付けたものを入れると、「Step3」に必要な記述が出力されます 

original-share-button_25

画像の「購読URL」部分だけをコピーして、ハイライト部分「ここにfeedly購読URLを入れる」の文字と差し替えればOK。このサイトの場合、こんなかんじになります。

Requ.logの例

<!--feedlyボタン表示--> <li class="feedly-o"><a href="http://cloud.feedly.com/#subscription%2Ffeed%2Fhttp%3A%2F%2Frequlog.com%2Ffeed%2F" target="_blank" rel="nofollow"><span class="icon-feedly" style="font-size: 145%;"></span><br><p style="margin-top:2px;">feedly</p><span class="sns_count"><?php if(function_exists('scc_get_follow_feedly')) echo (scc_get_follow_feedly()==0)?'':scc_get_follow_feedly(); ?></span></a></li>

このサイトの場合、こんなかんじになります。

Requ.logの例

<!--feedlyボタン表示-->
<li class="feedly-o"><a href="https://feedly.com/i/subscription/feed/http://requlog.com/feed/" target="_blank" rel="nofollow"><span class="icon-feedly" style="font-size: 145%;"></span><br><p style="margin-top:2px;">feedly</p><span class="sns_count"><?php if(function_exists('scc_get_follow_feedly')) echo (scc_get_follow_feedly()==0)?'':scc_get_follow_feedly(); ?></span></a></li>
差し替えたURLの後の/(スラッシュ)が重複しないよう注意しましょう。
追記場所の基準

例えば私のテーマでは、記事タイトルの呼び出しコードはこんな感じなので 

記事タイトルの呼び出しコード例

<h2 id="post_title"><?php the_title(); ?></h2>

この下に追記すれば、タイトル直下に表示されることになります。

original-share-button_06

記事本文の下に設置

同じく下のコードをまるっとコピー。子テーマの「single.php」内、記事本文下の、表示させたい場所に追記します

<!--オリジナルシェアボタンBOTTOM ここから-->
<div class="sns_frame_btm">
<div class="sns_org">
<ul class="clearfix">
<!--feedlyボタン表示-->
<li class="feedly-o"><a href="https://feedly.com/i/subscription/feed/ここにトップページURLを入れる/feed/" target="_blank" rel="nofollow"><span class="icon-feedly" style="font-size: 145%;"></span><br><p style="margin-top:2px;">feedly</p><span class="sns_count"><?php if(function_exists('scc_get_follow_feedly')) echo (scc_get_follow_feedly()==0)?'':scc_get_follow_feedly(); ?></span></a></li>
<!--Twitterボタン表示-->
<li class="twitter-o"><a href="https://twitter.com/intent/tweet?url=<?php echo $url_encode;?>&text=<?php echo $title_encode ?>&tw_p=tweetbutton" onclick="javascript:window.open(this.href, '', 'menubar=no,toolbar=no,resizable=yes,scrollbars=yes,height=300,width=600');return false;" target="_blank" rel="nofollow"><span class="icon-twitter" style="font-size: 145%;"></span><br><p style="margin-top:2px;">Tweet</p><span class="sns_count"><?php if(function_exists('scc_get_share_twitter')) echo (scc_get_share_twitter()==0)?'':scc_get_share_twitter(); ?></span></a></li>
<!--Facebookボタン表示-->
<li class="facebook-o"><a href="https://www.facebook.com/sharer.php?src=bm&u=<?php echo $url_encode;?>&t=<?php echo $title_encode;?>" onclick="javascript:window.open(this.href, '', 'menubar=no,toolbar=no,resizable=yes,scrollbars=yes,height=300,width=600');return false;" target="_blank" rel="nofollow"><span class="icon-facebook2" style="font-size: 135%;"></span><br><p style="margin-top:2px;">Share</p><span class="sns_count"><?php if(function_exists('scc_get_share_facebook')) echo (scc_get_share_facebook()==0)?'':scc_get_share_facebook(); ?></span></a></li>
<!--はてブボタン表示-->
<li class="hatebu-o"><a href="http://b.hatena.ne.jp/add?mode=confirm&url=<?php echo $url_encode;?>" onclick="javascript:window.open(this.href, '', 'menubar=no,toolbar=no,resizable=yes,scrollbars=yes,height=500,width=530');return false;" target="_blank" rel="nofollow"><span class="icon-hatebu" style="font-size: 145%;"></span><br><p style="margin-top:2px;">Hatena</p><span class="sns_count"><?php if(function_exists('scc_get_share_hatebu')) echo (scc_get_share_hatebu()==0)?'':scc_get_share_hatebu(); ?></span></a></li>
<!--Pocketボタン表示-->
<li class="pocket-o"><a href="https://getpocket.com/edit?url=<?php echo $url_encode;?>&title=<?php echo $title_encode;?>" onclick="javascript:window.open(this.href, '', 'menubar=no,toolbar=no,resizable=yes,scrollbars=yes,height=300,width=600');return false;" target="_blank" rel="nofollow"><span class="icon-pocket" style="font-size: 145%;"></span><br><p style="margin-top:2px;">Pocket</p><span class="sns_count"><?php if(function_exists('scc_get_share_pocket')) echo (scc_get_share_pocket()==0)?'':scc_get_share_pocket(); ?></span></a></li>
</ul>
</div>
</div>
<!--オリジナルシェアボタンBOTTOM ここまで-->
feedly購読URLの差し替えも忘れずに!
注意点

「オリジナルシェアボタンTOP」を設置せず、記事下だけに設置したい場合、下記記述を「オリジナルシェアボタンBOTTOM ここから」の後に追記してください。

<!--オリジナルシェアボタンBOTTOM ここから-->
<?php
$url_encode=urlencode(get_permalink());
$title_encode=urlencode(get_the_title());
?>
「single.php」内に、既に同じ記述が入っていれば追記不要。
追記場所の基準

元々用意されている記事下のシェアボタン呼び出しコードはこんな感じ。 コレはTCDテーマならほぼ似たような記述になっていると思います。

デフォルトボタンの呼び出しコード例

<?php if ($options['show_bookmark']) { ?>
<!--省略-->
<?php }; ?>

この下に追記すれば、デフォルトのシェアボタン直下に表示されます。重複しないように、「TCDテーマオプション」内で「ソーシャルボタン表示」のチェックを外しておきましょう

original-share-button_07

original-share-button_08

【参考】TCDテーマオプションの使い方

5. 微調整(おめかし)

original-share-button_ins2-ps

今回のカスタマイズは、このサイトに使用しているテーマ【MAG】に最適化した状態です。実際に記事ページを表示してみましょう。どうですか?違うテーマを利用している場合、カラム幅も余白も違います。その分、微調整が必要になってくる場合もあると思います。

惜しい!もうちょいタイトルとの間の余白を変えたい

シェアボタン間の余白を変えたい

シェアボタン、4つでえーわ

シェアボタンの並び順、変えさして

これらは基本的に、Chromeの「デベロッパーツール」で見当をつけることができます。実際のソースをいじらないでも、「もしココをこう変更したら?」をプレビューできるスグレモノ。

クリックで拡大

original-share-button_09

ナルホド。「.sns_org li」の「width」の数値を変えれば、シェアボタンの大きさを変えられるんだな!とか、「.sns_frame_top」の「margin-top」を有効化して数値を変えれば、タイトルとの隙間が埋められるんだな!なんてことが簡単に分かりますね。

基本的な使い方

サイト検証・カスタマイズに便利なChromeデベロッパーツールの基本的な使い方

今回の【オリジナルシェアボタン調整の具体例】については、こちらにまとめました。 これでシェアボタンの色から細部の余白まで、思い通りに仕上げることができるはずです。

終了!
おつかれさまです。

まとめとオイシイ応用

original-share-button_ins3-ps

以上、オリジナルシェアボタンの設置方法を紹介してきました。最後にもう一度、設置のメリットを振り返っておきましょう。

メリット

ページ表示速度アップ

思わず「押したくなる」ボタンアクション

記事ごとのシェア数推移を把握できる

サイトデザインに合わせてカスタマイズできる

好きな場所に設置できる

公式ボタンと併用できる

さて、最後の【公式ボタンと併用】。なんでわざわざまた併用する必要があるのか?その答えは、Facebookの「いいね!」ボタンがほしいからです。

今回設置したオリジナルのFacebookボタンは、公式ボタンでいうところの「シェア」ボタンにあたります。「いいね!」は「シェア」より気軽にポチッとしやすい、という人も多いはず。

欲張って、両方とも設置したいですよね?「Google+」や「Pinterest」も一緒に設置したいですよね?それ、ほんのちょっとした応用で、夢が叶います

original-share-button_ins4-ps

というわけで、【TCDテーマで公式ボタンと併用する方法と、簡単な調整方法の例】もこちらで挙げておきます。「たしかに!」と思った人はぜひ。




作業自体はシンプルですが、「自分のサイトにビシッ!とフィットさせる」過程で、ずいぶん自由なカスタマイズができるようになると思います。ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事

記事が気に入ったら
Requ.logを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Requ.log | レク.ログ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ほら、こんなに直感的。投稿記事の順番を並び替えるWordPressプラグインIn…
  2. Twitterのシェア数表示を復活!「widgetoon.js & count.…
  3. ”ブログにおいしい”、注釈画像の作り方。Screenpressoで矢印や枠線、文…
  4. ブロガー以外も知っておきたい。ブログ記事の書き方と、頭を整理する構成方法
  5. 実践あるのみ!TCDテーマで学ぶ、記事装飾の簡単カスタマイズとCSSの基本

関連記事

  1. retina-logo_ec

    ワードプレス

    【Retinaディスプレイ対応4】サイトの顔も綺麗に。TCDテーマなら3ステップで完了する、ロゴ画像…

    サイトロゴは、サイトの顔。このサイトでは最上部にロゴを配置していま…

  2. facebook-app-id-app-secret_ecmg

    マーケティング

    サラリと終える開発者登録。FacebookのApp ID(アプリID)とApp secretの取得方…

    え・・こんな簡単だったんすか。サイト運営をしていると、Facebo…

  3. jpg-gif-png_ecmg
  4. sns-count-cache_ecmg

    ワードプレス

    便利すぎて、もうヤミツキ。WordPressプラグインSNS Count Cacheの設定方法と有効…

    必要な設定だけにフォーカス!「ページを表示するたびに、今のシェア数…

  5. show-title-tag_ecmg

    マーケティング

    もっと・・見せてくれませんか?タブに隠れた見えないタイトル。Show Title Tagを使って全表…

    ちょっと見せてるぐらいなら・・全部見せてください。誤解しないで。ブ…

  6. tcd-theme-selection_ecmg-ps
【Requ.log記事】魅力的なブログを、今すぐ作る。
tcd-mag
【Requ.log記事】魅力を活かす、カスタマイズまとめ。
tcd-mag

特集記事

  1. tcd-mag_ecmg-ps
  2. todoist_ec
  3. retina_ecmg
  4. todoist-tips_ecmg
  5. tcd-theme-selection_ecmg-ps
  6. valuable-content-from-image_ec

ピックアップ記事

  1. lightshot_ecmg
  2. annotation-image-ecmg
  3. child-theme_ecmg
  4. media-setting_ec
  5. enlarge-image-ecmg
  6. dash_ecmg

タスク管理で、自己管理。

todoist

掘り出し記事

  1. backup-all-in-auto_ec
  2. browzer-extension_ec
  3. insert-card-link_ecmg
  4. theme-manual-update-ecmg

魅力的なブログを、今すぐ作る。

tcd-mag

ブログのRetina対応、始めませんか?

retina-os-solution

ピックアップ記事

  1. todoist-basic_ec-ps
  2. tcd-theme-options_ecmg
  3. jpg-gif-png_ecmg
  4. original-share-button_ecmg-ps

ゆっくり、フシギなGIFアニメ。

gif-animation

とっておきのWordPressテーマ。

tcd-theme-selection

最近の記事

  1. enlarge-image-ecmg
  2. spark-tutorial-ecmg
  3. modern-dilemma-ecmg
  4. paradigm-shift-ecmg

Requ.log | WordPress Theme

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

思考系ピックアップ

  1. blog-contents_ecrt
  2. reset-button_ecrt
  3. irreplaceable-ecmg
  4. modern-dilemma-ecmg
  1. display-speed_ec

    ワードプレス

    目指せ軽量化!今からでも始めるべき、WordPressサイトの表示スピード改善計…
  2. tcd-theme-user-review_ecmg

    ワードプレス

    TCDテーマ導入前に知っておきたい、2つの注目機能とユーザー目線レビュー
  3. business-books_ecmg

    マーケティング

    【厳選6冊】起業したくなったら読んでおきたいビジネス書。自分の強みを見つけて活か…
  4. todoist_ec

    マネジメント

    【フリーランス必見】確実に納期を守るために。タスク管理ツールTodoistで予定…
  5. extension-tools-for-bloggers_ec

    ブログ

    【作業順まとめ】ブログを彩る!記事作りが捗る!クオリティー底上げに役立つ10個の…
PAGE TOP