child-theme-mechanism_ecmg-ps

ワードプレス

WordPressで子テーマを作る際に知っておくべき仕組みと注意点

WordPressでカスタマイズをするなら、「子テーマ」を作っておくと助かります。

テーマの更新通知がきてアップデートしたら・・カスタマイズが全部消えたっ!

サイト表示がボロボロ・・もしや、重要な記述をうっかり消してしまったのか!?

ありがちな事件ですが、子テーマを作っておけば安心ですよね。アップデートしてもカスタマイズは消えません。何か不具合があったときにも元となる親テーマは無事なので対応しやすい

下の記事では子テーマの「作り方」だけにフォーカスして紹介しました。
作るだけならたったの10分。

「10分で終わらせてくるっ!」WordPress子テーマの作り方を2ステップで簡単解説!

メリットが多くて導入もしやすい子テーマですが・・知っておくべきことがいくつかあります。例えば、実際にテーマのアップデート通知が来たらどうでしょう?

customized-theme-update-01-ps

手探りのまま、安心してサクッとこなせますか?逆にサクッとテーマを”あやめて”しまいそうじゃないですか?サスペンスな夜を迎えそうでしょう?「結局、一方通行の愛だったんです」とか波打ち際の崖で淡々と語ってしまいそうでしょう?

child-theme-mechanism_ins1-1

・・・失礼。取り乱しました。

というわけでここでは【子テーマを導入していると、なぜカスタマイズが消えないのか?】という疑問を解決しながら、知っておくべき子テーマの仕組みや、導入後の注意点を紹介します

子テーマの仕組み

「作り方」の記事で子テーマを作ったときに「functions.php」と「style.css」にコピーした記述。これらはあくまで、子テーマを認識させるだけの記述です

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'enqueue_parent_theme_style' );
function enqueue_parent_theme_style() {
wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri().'/style.css' );
}
/*
Theme Name:MAG-child
Template:mag_tcd036
Version:1.23
*/

そしてテーマ内のファイルは基本的に、「親テーマ→子テーマ」の順に読み込まれます。例えば、記事ページをカスタマイズするために子テーマに追加した「single.php」は、親テーマの「single.php」の後に読み込まれるということ。

child-theme-mechanism-01

上の図のようにデータは上書きされ、実際のサイトには、子テーマの「single.php」の内容が表示される、というわけです。だから子テーマ側のカスタマイズが反映されるんですね。

基本的にはどのテンプレートファイル(「●●.php」)も、子テーマ側の同名ファイルに上書きされてサイト表示されます。つまり「作り方」の記事と同じ手順で子テーマに入れておくだけで、どのファイルにも同じように”安心カスタマイズ”ができるようになる、ということです。

「functions.php」は例外。彼はテーマの神様のような存在。詳しくなるまでは「触らぬ神に祟りなし」の方向で。

「style.css」は”上書き”ではなく”追加”される

テンプレートファイル(「●●.php」)とは違い、「style.css」はちょっと特殊。同じように「親テーマ→子テーマ」の順に読み込まれますが、上書きされることはありません

親テーマの「style.css」に、子テーマの「style.css」の内容を追加した形で出力されます

child-theme-mechanism-02

思い出してみると・・そりゃそーですよね。子テーマを作り終わった時点では、「style.css」の中身はこれだけでした。

/*
Theme Name:MAG-child
Template:mag_tcd036
Version:1.23
*/

この記述の後に追記したCSSは、親テーマがアップデートされても消えないので安心です。その他のテンプレートファイルと一緒。

/*
Theme Name:MAG-child
Template:mag_tcd036
Version:1.23
*/

/***** フォント装飾 *****/
.dpblue {
	color: #0011aa
}
.dpred {
	color: #db0646
}

なおTCDテーマであれば、テーマオプション内の「カスタムCSS」に追記してもOK。テーマをアップデートしてもそのまんま残ります。子テーマ同様の安心。優しさ。初心者への愛。

関連記事

理想のWEBサイトを直感デザイン。TCD『テーマオプション』の使い方

テーマアップデート時の手順と注意点

子テーマ利用者のアップデート手順はこちらでまとめています。絶対失敗しない、王道アップデート方法。実際にアップデートするときには、ぜひ当記事とあわせて見返してください。

解説記事

子テーマ使用者必見!カスタマイズしたWordPressテーマのアップデート方法と注意点

アップデート時に起こりうる問題とは?

さて、子テーマを導入すれば、親テーマがアップデートされてもカスタマイズは消えない。その仕組みをお伝えしましたが、これは別の言い方をするとこうなります。

親テーマが新バージョンにアップデートされ、
その内部の記述が変わっていても、
子テーマに組み込んでいる、同名ファイルの内容が上書き出力される。

と、いうことは。

不具合の修正や新機能の追加などがあっても、
子テーマに組み込んでいる、同名ファイルの内容が上書き出力される。

つまり。

親テーマだけアップデートしても、
不具合の修正や新機能の追加に対応できない。

という問題が発生します。アップデート内容が大規模であるほど、新機能の恩恵を受けられないどころか、レイアウト崩れなどが起こる可能性も高くなる、ということです。

child-theme-mechanism_ins2

がーん。

子テーマファイルも差し替えれば解決!

解決策は単純。

子テーマファイルに施していたカスタマイズを、
新バージョンのファイルに反映して、差し替えればOK。

言葉だけ聞くとややこしそうに響くかもしれませんが、イメージはこんなかんじ。

customized-theme-update-23

そして便利な神ツールを使えば楽勝。下の記事でも紹介しています。このアップデート方法ならどんな大規模アップデートにも対応できます

子テーマ使用者必見!カスタマイズしたWordPressテーマのアップデート方法と注意点

そう、まさに「王道アップデート方法」なのです。

アップデートの注意点まとめ

自分が子テーマに組み込んでいるテンプレートファイルが、今回のアップデートで・・

修正されている場合

customized-theme-update-04

(例)子テーマファイル/修正されたファイル

customized-theme-update-05-06

今までのカスタマイズを新ファイルに反映し、差し替える必要がある

修正されていない場合

そのファイルはそのまま放っておいてOK。以上。

【Tips】更新通知が消えない原因と対処方法

で、子テーマを利用している場合、親テーマをアップデートしても「もっと最新版がありますよー更新しなさいー」といつまでも通知され続けることがあります

child-theme_26

アップデートしたやんけ!もー通知すな!

と気にするほどでもないことなんですが、ちゃんとアップデートしたのに、通知が消えない。これはちょっとキモチワルイ。「子テーマあるある」のひとつです。

これも即解消できます。アップデートした親テーマのバージョンを見てみるともちろん 

child-theme_27

新しくなってます。じゃあ子テーマは?変わってるハズないですよね。ちょっと面倒ですが、こればかりは手動で書き直してあげましょう。

child-theme_28

child-theme_29

無事、通知も消えました。子テーマの恩恵に比べればラクな作業です。

ちなみに、同じ「テーマの編集」画面内の右上プルダウンから、編集するテーマを切り替えられます。バージョンの書き換えのためだけに、わざわざ親テーマを有効化する必要はありません。

child-theme_30

child-theme_31

関連記事

魅力的なブログで収益化。ワードプレステーマTCD【MAG】の有効的な活用方法とカスタマイズまとめ

記事が気に入ったら
Requ.logを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Requ.log | レク.ログ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. サイトデザインに合わせよう。TCDテーマ記事下にカード型「いいね!ボタン」をセン…
  2. ほら、こんなに直感的。投稿記事の順番を並び替えるWordPressプラグインIn…
  3. 【応用編】スケジュール・タスク管理の大黒柱。万能ツールTodoistの使い方を徹…
  4. 「私の名前はページプラグイン。」Facebookページのいいね!ボタンをWord…
  5. 「10分で終わらせてくるっ!」WordPress子テーマの作り方を2ステップで簡…

関連記事

  1. facebook-app-id-app-secret_ecmg

    マーケティング

    サラリと終える開発者登録。FacebookのApp ID(アプリID)とApp secretの取得方…

    え・・こんな簡単だったんすか。サイト運営をしていると、Facebo…

  2. compress-jpeg-png-images_ecrt

    ワードプレス

    きれいにしっかり画像圧縮。WordPressプラグインCompress JPEG & PNG ima…

    どうせ圧縮するなら、きれいにしっかり。WEBサイトで表示されている…

  3. description-video_ec
  4. theme-manual-update_ec

    ワードプレス

    アップデート通知が来ない!?WordPressテーマを手動でアップデートする方法

    アップデート通知、なんでこないの?ある有名なストーリーがあります。…

  5. original-share-button_ecmg-ps
  6. tcd-mag_ecmg-ps
【Requ.log記事】魅力的なブログを、今すぐ作る。
tcd-mag
【Requ.log記事】魅力を活かす、カスタマイズまとめ。
tcd-mag

特集記事

  1. todoist-extension_ecmg
  2. retina_ecmg
  3. tcd-theme-selection_ecmg-ps
  4. tcd-theme-user-review_ecmg
  5. improvement-flow_ecmg
  6. extension-tools-for-bloggers_ec

ピックアップ記事

  1. like-button-card_ecmg-ps
  2. tcd-theme-options_ecmg
  3. chrome-font_ecmg
  4. widgetoon-js-count-jsoon_ecmg
  5. quicktag_ecmg
  6. todoist-productivity_ecmg

タスク管理で、自己管理。

todoist

掘り出し記事

  1. retina-text-widget_ecrt
  2. browzer-extension_ec
  3. feedly-count-problem_ecmg
  4. retina-os-solution_ecmg

魅力的なブログを、今すぐ作る。

tcd-mag

ブログのRetina対応、始めませんか?

retina-os-solution

ピックアップ記事

  1. todoist-productivity_ecmg
  2. gif-animation_ec
  3. customized-theme-update_ecmg-1-ps
  4. media-setting_ec

ゆっくり、フシギなGIFアニメ。

gif-animation

とっておきのWordPressテーマ。

tcd-theme-selection

最近の記事

  1. spark-tutorial-ecmg
  2. modern-dilemma-ecmg
  3. paradigm-shift-ecmg
  4. irreplaceable-ecmg

Requ.log | WordPress Theme

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

思考系ピックアップ記事

  1. restriction_ecmg-ps
  2. reset-button_ecrt
  3. blog-contents_ecrt
  4. modern-dilemma-ecmg
  1. todoist-extension_ecmg

    マネジメント

    いつでもどこでも即タスク化。Todoistの便利すぎる拡張機能4選
  2. todoist_ec

    マネジメント

    【フリーランス必見】確実に納期を守るために。タスク管理ツールTodoistで予定…
  3. todoist-tips_ecmg

    マネジメント

    【小技特集】もっと使いこなす!おすすめタスク管理ツールTodoistの活用法12…
  4. tcd-theme-selection_ecmg-ps

    ワードプレス

    【目的別】とっておきのWordPressテーマ比較。TCDテーマのおすすめメンバ…
  5. theme-change_ecrt

    ワードプレス

    【徹底検証】乗り換えたいでしょ?WordPressTCDテーマの変更方法と注意点…
PAGE TOP