facebook-app-id-app-secret_ecmg

マーケティング

サラリと終える開発者登録。FacebookのApp ID(アプリID)とApp secretの取得方法・調べ方

サイト運営をしていると、Facebookページとの連携が必要になることがあります。例えば、記事下にウツクシイ「いいね!」ボタンを設置したり・・

facebook-app-id-app-secret_01

サイドバーに「ページプラグイン」を設置したり・・

facebook-app-id-app-secret_02

またはこんなカッコ美しいオリジナルシェアボタン  を設置するために、WordPressプラグインとの連携を求められたりします。

facebook-app-id-app-secret_03

そのためには、Facebookの開発者登録をして、「Facebookアプリ」を作る必要があります。ややこしそーなイメージがありますが、サラリ、と終えることができます。腰が抜けます。

だって・・・10分程度で開発者登録をしたら、もうアプリは作られているんです。プラグインなどに必要となるApp ID(アプリID)とApp secretもその場で分かります。じゃあ早速。

実は現在、「ソーシャルプラグイン」と呼ばれている類のものは、開発者登録なしでも作れる状態なんですが・・・

facebook-app-id-app-secret_03-1

ガンガン更新されるFacebookの仕様変更やバージョン管理など、将来的な側面も考慮して、登録しておくことをおすすめします。

ちなみに、下のようなWordPressプラグインなどに必要となる「App ID・App secret」取得には、開発者登録が必須 そんな応用力もあるワケです。

便利すぎて、もうヤミツキ。WordPressプラグインSNS Count Cacheの設定方法と有効的な使い方

Facebookの開発者登録をする

所有するFacebookページの管理者アカウントでログインした状態で、下のリンク先の開発者向けページへ。

facebook for developers | 開発者向けFacebookページ 

facebook-app-id-app-secret_04

画面右上の「登録」ボタンを押すと、プライバシーポリシーなどへの同意を求められます。同意したら「はい」に切り替えて「次へ」ボタン。

facebook-app-id-app-secret_05-1

次の画面で電話番号を入力し、「SMSで受け取る」ボタンを押します。SMSで届いた認証コードをその下の項目に入力。最後に「登録する」ボタン。

facebook-app-id-app-secret_05-2

facebook-app-id-app-secret_05-3

次に「新しいアプリを追加」画面が現れます。今はiOSアプリなど本格的なものを作るわけではないですよね。用途どおりに「ウェブサイト」をクリックします。

facebook-app-id-app-secret_05-4

次に「アプリ名」を入力します。覚えやすい好きな名前でOK。入力後「新しいFacebookアプリIDを作成」ボタンをクリック。

facebook-app-id-app-secret_05-5

「新しいアプリIDを作成」画面が現れるので各項目を埋め、最後に「アプリIDを作成してください」をクリックします。 随分へりくだったオコトバですが、お願いしときましょう。

facebook-app-id-app-secret_06

表示名:さっき入力したものが入っているので、そのままでOK

連絡先メールアドレス:Facebookに登録しているメールアドレス(推奨)

カテゴリ:運営サイトのテーマに合ったものを選択

その後、セキュリティチェック画面で質問に答えます。けっこう読みにくいですねぇ・・・

facebook-app-id-app-secret_07

「送信」を押してから少しタイムラグがあるので、「あれ?フリーズした?」と不安になり始めたぐらいに、画面が切り替わります。

facebook-app-id-app-secret_08

無事開発者登録ができました

最初のFacebookアプリは、もう作られている!

左カラムにある「Requ.log - test」。これが「Facebookアプリ」と呼ばれるもの。

facebook-app-id-app-secret_09

そう、一番最初に入力した名称です。つまり、もう「Facebookアプリ」はできているわけです。ではそのアプリ名の下にある「ダッシュボード」をクリック。

facebook-app-id-app-secret_10

今後いつでも戻ってこられるように、このあたりでブックマークしておきましょう

App IDとApp secretを取得する

さて・・・もう見えてますね。欲しいものが

facebook-app-id-app-secret_11

「アプリID」の数字の羅列が「App ID」です。その下にもありますね。「App secret」。でも隠されています。当然ですが、この状態のままコピーしても使えません

横にある「表示」ボタンをクリックするとFacebookページ管理者のログインパスワードが求められ、入力して初めて表示される仕組みになっています

facebook-app-id-app-secret_12

facebook-app-id-app-secret_13

はい、両方ゲットできましたオメデトーゴザイマス。

あとはWordPressプラグインなど、必要とされるところへコピーして利用するだけ。ね、あっという間です。あ・・大丈夫ですか?腰、抜けてますね。


WEBサイトとFacebookページ連携の一例

冒頭にも紹介しましたが、「開発者向けFacebookページ」では、WEBサイトといろいろなFacebookページ連携ができます。いいね!ボタンやページプラグインなど、運営サイトに有効な、便利なものを自由に作ることができます。開発者登録をするとその幅も広がります。

 記事下に設置する「いいね!ボタン」

facebook-app-id-app-secret_01

 ウィジェットなどに設置する「ページプラグイン」

facebook-app-id-app-secret_02

 カッコ美しい「オリジナルシェアボタン」

facebook-app-id-app-secret_03

 参考記事

サイトデザインに合わせよう。TCDテーマ記事下にカード型「いいね!ボタン」をセンスよく設置する方法

「私の名前はページプラグイン。」Facebookページのいいね!ボタンをWordPressウィジェットに設置しよう

カッコ美しい、オリジナルシェアボタン。サイトデザインに合わせた作り方と簡単カスタマイズ

注意点

運営サイトを共同管理するような人がいない限り、「App secret」は外部に漏らさないようにしましょう。「App ID」と「App secret」は、Facebookアプリを管理する際のIDとパスワードのようなもの。

どんなシチュエーションがあるかは分かりませんが、万が一漏れてしまった場合、「App secret」を表示状態にした時に横に現れる「リセット」ボタンを押しましょう。新たな乱数が「App secret」に設定されます。

facebook-app-id-app-secret_14

その時はもちろん、プラグインなど、既に外部で使用している「App secret」の記述は更新する必要があります。

「fb:admins ID」(管理者ID)の調べ方

これも混同しがちなんですが、「App ID」と「fb:admins ID」(管理者ID)は別物です。管理者IDは、「Facebookページ管理者の個人ページ」で名前部分をクリックした時に表示されるURLの末尾で知ることができます

facebook-app-id-app-secret_15



Facebookアプリを利用していると気づくと思いますが、開発者アカウントでできる設定変更など、分かりにくい部分がヒジョーに多い。アプリごとのバージョン管理など、仕様変更もヒジョーに多い。実際とっつきにくいものです。

でも、世界中で多くの人が利用しているものです。仕様変更があっても都度情報は流れます。サイト運営者にとっては便利なものには違いありません。利用しない手はないですよね。

記事が気に入ったら
Requ.logを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Requ.log | レク.ログ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【基本編】スケジュール・タスク管理の大黒柱。万能ツールTodoistの使い方を徹…
  2. 【応用編】スケジュール・タスク管理の大黒柱。万能ツールTodoistの使い方を徹…
  3. 「忙しくてやりたいことができない・・!」に効く。マイペースに習慣を変えるタスク管…
  4. ほら、こんなに直感的。投稿記事の順番を並び替えるWordPressプラグインIn…
  5. サイトデザインに合わせよう。TCDテーマ記事下にカード型「いいね!ボタン」をセン…

関連記事

  1. todoist-constitution_ec

    マネジメント

    ブロガー以外も知っておきたい。ブログ記事の書き方と、頭を整理する構成方法

    ストレスフリーで効率的な下準備。いざ記事を書こうとしても、すぐに手…

  2. tcd-mag_ecmg-ps
  3. retina-slider_ec

    ワードプレス

    【Retinaディスプレイ対応5】もっと美しくワガママに。スライダー画像さえも綺麗に表示させてしまう…

    スライダー嬢も、綺麗に。このサイトのトップページには、スライダーが…

  4. jpg-gif-png_ecmg
  5. widgetoon-js-count-jsoon_ecmg

    マーケティング

    Twitterのシェア数表示を復活!「widgetoon.js & count.jsoon」の登録方…

    簡単登録で、後はおまかせ!Twitterは以前仕様変更があり、公式…

  6. valuable-content-from-image_ec

    ワードプレス

    『伝わりやすいブログ』を作るには?画像で届ける価値あるコンテンツ

    記事を見栄えよく、伝わりやすくするには?ブログ記事を書き始めると、…

【Requ.log記事】魅力的なブログを、今すぐ作る。
tcd-mag
【Requ.log記事】魅力を活かす、カスタマイズまとめ。
tcd-mag

特集記事

  1. tcd-mag_ecmg-ps
  2. retina_ecmg
  3. business-books_ecmg
  4. todoist_ec
  5. todoist-extension_ecmg
  6. tcd-theme-user-review_ecmg
  7. adjust-the-button_ecmg
  8. tcd-theme-selection_ecmg-ps

ピックアップ記事

  1. dash_ecmg
  2. annotation-image_ecmg
  3. tcd-css-customize_ecmg
  4. tcd-theme-options_ecmg
  5. media-setting_ec
  6. unroll-me_ec
  7. original-share-button_ecmg-ps
  8. todoist-constitution_ec

タスク管理で、自己管理。

todoist

掘り出し記事

  1. todoist-re-schedule_ec
  2. backup-all-in-auto_ec
  3. retina-weight-saving_ecmg

魅力的なブログを、今すぐ作る。

tcd-mag

ブログのRetina対応、始めませんか?

retina-os-solution

ピックアップ記事

  1. todoist-constitution_ec
  2. customized-theme-update_ecmg-1-ps
  3. quicktag_ecmg

ゆっくり、フシギなGIFアニメ。

gif-animation

とっておきのWordPressテーマ。

tcd-theme-selection

最近の記事

  1. modern-dilemma-ecmg
  2. paradigm-shift-ecmg
  3. irreplaceable-ecmg

Requ.log | おすすめ書籍

言葉の贈り物 生きがいについて
「言葉にできる」は武器になる。 プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える

Requ.log | WordPress Theme

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

思考系ピックアップ記事

  1. irreplaceable-ecmg
  2. reset-button_ecrt
  3. modern-dilemma-ecmg
  4. paradigm-shift-ecmg
  5. blog-contents_ecrt
  6. restriction_ecmg-ps
  1. todoist-tips_ecmg

    マネジメント

    【小技特集】もっと使いこなす!おすすめタスク管理ツールTodoistの活用法12…
  2. tcd-mag_ecmg-ps

    ワードプレス

    魅力的なブログで収益化。ワードプレステーマTCD【MAG】の有効的な活用方法とカ…
  3. todoist_ec

    マネジメント

    【フリーランス必見】確実に納期を守るために。タスク管理ツールTodoistで予定…
  4. display-speed_ec

    ワードプレス

    目指せ軽量化!今から始める、WordPressサイトの表示スピード改善計画
  5. valuable-content-from-image_ec

    ワードプレス

    『伝わりやすいブログ』を作るには?画像で届ける価値あるコンテンツ
PAGE TOP