business-books_ecmg

マーケティング

【厳選6冊】起業したくなったら読んでおきたいビジネス書。自分の強みを見つけて活かす、一歩を踏み出そう

もう会社での仕事にやりがいを感じられない…

独立さえしたら、もっとクリエイティブに時間を使えるはずだ!

・・・どうやって始めよう…?

やってみたかったことはあるんだけど、強みなんてないし…

まぁ、副業から始めるのが無難かなぁ…

私の周りからもよく聞く話。「思っていたような仕事ができていない」「一生この仕事を続けられるのか不安」。そんな話を聞いていると、【なにかアクションを起こしたい。】そんな強い気持ちが伝わってきます。

でも最終的には、「自分にはズバ抜けた強みなんてないし、やっぱ難しーよね・・・」
なんてトコに落ち着く気持ちもとってもよく分かります。

business-books_ins0

それでも!実際、一回しかない自分の人生で、一歩を踏み出してみることは貴重な経験。それは私自身も実践し続けていることですし、示し続けていきたいと思っていることでもあります。

勢いにまかせて、いきなり独立して起業することだけが「やり方」じゃない。自分の幸福感を高めるアクションを起こすことはいつでも、誰にでもできることなんです。それがすべてのスタートになるんじゃないでしょうか。

強みが見つからないなら、見つけるための一歩を

私もまた今のフリーランス業に加え、新たな挑戦に取り組んでいる真っ最中。改めて自分を見つめ直しています。自分の強みってなんだろう。理想のライフスタイルってなんだろう

状況は起業時と同じ。でも心境はワクワクしています。以前とは違う。それはきっと、学ぶことよって、今の自分に必要なことが分かり、動き続けられているから。

business-books_ins2

そんな今だからこそ紹介したい、起業したくなったら読んでおきたい6つの書籍と、そこから得られた自分なりの価値観までを恥ずかしげもなくシェアします。「読んでおくメリットはなんなのか?」が出来るだけ伝わりやすいように、紹介順も考えて並べています。

強みが見つからないなら見つけるための一歩を。自分の本当の気持ちをカタチにする一歩を踏み出すために。先人の知恵を有効に活用し、動き出しましょう

インターネットビジネス マニフェスト

何から始める?どうやって進める?

何かを始めたいと思っても、残念ながらはじめから多くの人に受け入れられるような、素晴らしい商品やサービスを持っていることは少ないでしょう。

じゃあ具体的にはどんな事業を始めればいいのか?「なんとなくやりたいと思ってたこと」があるとしても、それを事業として選んで大丈夫なのか?どうやってスタートしていけばいいのか?

この本の中にある【誰と結婚するか?どのビジネスを始めるか?】というストーリーが大きなヒントになりそうです。

ある独身男性がいたとします。彼は結婚するために何かをしなければいけないと思い立ちます。

そして、彼は地元のバーに出かけ、女性を探そうと考え、そこで最も結婚願望が強そうな女性を見つけて、いきなり彼女に飲み物をおごります。

彼がその相手を「あなたが最も結婚願望が強そうだとわかったから私と結婚してほしい」などと真剣に口説いたとしたら、彼は笑われ、その女性は何年にもわたって、この馬鹿げた話を友人にし続けるでしょう。

P.81〜82

男性=あなた、女性=ビジネスに差し替えてもう一度読んでみてください。これは端的に言うと、なんとなく”流行りの事業”を始めても決してうまくはいかないということを話しているんですね。

例え一時的に成功してもじきに廃れ、次の事業へ切り替える必要に迫られてしまう。常に世の中の、あらゆる膨大な情報の動きをうかがいながら、チャンスを追い求め、振り回され続けることになってしまうということ。

そんなハードすぎる労働なんていつまでも続けられるわけないですし、そもそもやりたくないですよね。「んもぅ、超ストレスフルっ!」な日々が想像できます。「アレ?これってもしかして…本末転倒ってヤツ?」って気づいた頃にゃあもう・・・コワイコワイ。

business-books_ins3

この本ではまず、そんな「チャンス追求型」の思考をスポーンと捨てて、将来のビジョンを持ち、自分の強みと情熱を活かせる「戦略型」思考へ切り替える重要性を訴えています。

じゃあその柱となる、「自分の強み」ってなんでしょう?

答えられる人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は即答できないんじゃないでしょうか。

本書では「そもそも、強みってナニ?」「強みなんてどーしたら気づけるんすか?」といったことにも触れられているので、思わぬ”気づき”のきっかけとなってくれます。

他人を見て自分と比較する度に、「自分には強みがない…」と考えこんでしまうこと、ありませんか?そんな時はこんな、納得のいく指針が必要です。

この本は第1章から第3章まで、ビジネスの成長段階にあわせて順番に構成されています。新たに事業を始めようとする人はもちろん、「やるべきことが多すぎて手が回らない、起業して随分経つのに一向に楽にならない・・・」そんなフラストレーションを抱えながら既にビジネスを進めている人も、事業が波に乗り出し岐路に立っている人も、手元に置いておきたい一冊です。

「インターネットビジネス マニフェスト」 (ダイレクト出版)

 ダイレクト出版の本はクオリティーもお値段も高いものが多いんですが・・
現在この書籍だけ、テストマーケティング中とのことで無料キャンペーンを展開中のようです。(送料のみ負担)この機会にぜひ一読してみてください。
【追記】残念ながら廃盤となってしまったようです。現在は購入出来ません。

ルールを変える思考法

強みを見つけるまでは、レベルを上げる

元々、ゲーム専門のニュースサイトで掲載されていた連載記事が骨格となっている本。なので基本的には終始、「ゲーム」と「現実でのビジネス」を照らしあわせながら綴られていきます

本人も「本当にビジネス書になるのか半信半疑だった」と言っているだけあってサラッサラと読めてしまうんですが、「ルールを変えれば、無用な戦いも避けられる」「勝てないゲームなら、ルールを変えればいい」といった面白い切り口で、ビジネス成功への方法論が語られています。

business-books_ins4

ゲームもビジネスも同じで、何かの事業やアクションを起こすのであれば、「自分の武器になるものはなんなのか」を考え、それをはっきりと打ち出していかなければならないということです。

その武器は、考えついた時点ではまだ使えないものであってもかまいません。

ゲームの世界では、レベルを上げていかないと使えない武器やアイテムもあります。それと同じように、「この方向性で頑張っていって、体力レベルをここまで引き上げられたときにこの剣を持つ」というような考え方をするのもいいわけです。

P.67〜68

この言葉は、少なくとも私にとってはとても響くものでした。

上で紹介した「インターネットビジネス マニフェスト」で言われている、「ビジョンを持って、強みと情熱を活かし、戦略的にビジネスを進めていく」と広義では同じことを言っていると捉えられるわけですが・・・

自分の強みとなる剣ってなんなのか?
把握できていない段階でビジョンを持つのは至難の技です

私はこれまでの経験から、【頭で考えてもどうすればいいか分からない。そんな時は手を出せる近くのフィールドへ、一歩踏み出してみる】、という価値観を持っています。だから、

現時点で強みを見つけていないなら、見つけるための行動を起こせばいい。

強みとなる「剣」を見つけるまでは、「体力レベル」を先に上げておけばいい。

と考えます。「さあ今こそ、強みという剣を持つべきその時までに、それを活かすことのできる体力レベルを上げておくのだ!(勇者よ!)」ということです。

business-books_ins5

ええそのとおりです。私なりにルールを変えてやりました。先にしておく「体力レベル」アップは、「剣」を見つけるためのアクションにもなり得る、という解釈です。

「体力レベル」アップ自体はどんなことをするのか?いろんなことが考えられるはずですが、ここに挙げているような書籍からノウハウや知識を得ておくこともそれに当たるでしょう。

今、自分自身に「足りないこと」がハッキリすれば、「必要なこと」に気づき出す。今やるべきこと、今学ぶべきことがハッキリしてくる。それがひとつのアクションに繋がり、また見えてくるものが変わる。少なくとも、今の日常に変化が生まれる。

日常を変えることができれば、未来も、必然的に変わるはずですよね

business-books_ins10


またこの本では、同系統サービス内で勝負する場合には「独自性」が必要だということにも言及しています。「総合力勝負の競争」になってしまえば、既に大きな資本を持つ大手や先駆者には太刀打ち出来ない、耐久力勝負となってしまう。同じことをしていても、勝つのは難しい。

独自性=強み」と考えると、やはり自分の強みを見つけることが重要になってくるんですね。

business-books_ins6

独自性を見つけたとして、どう展開していけばいいんでしょう?独自性を保つには?真のヒットが生まれるタイミングとは?それらに対するひとつの答えが、著者の経験から語られています。

「ニコニコ動画」を生み出した”異端の経営者”と呼ばれる著者、川上量生。【ビジネスは世の中でいちばん「リアル」なゲームのひとつ】と定義して、コンテンツの役割からインターネットの将来、ビジネスを成功させるための独自の方法論までを展開している、オモシロイ書籍です。

日本の経営者なので馴染みやすい価値観も垣間見え、「インターネットビジネス マニフェスト」とは少し違った側面から同じテーマを見つめることができます

そして本書の中にある…【「できるかもしれない」と思うことからすべては始まる】。このメッセージは新たな一歩を踏み出そうとする私たちに、とても響くものです。

⇒「ルールを変える思考法」 (角川EPUB選書)

ザ・ローンチ

ゼロからでも出発できる

私たちの多くは、一度きりの人生の貴重な時間を、生活資金と引き換えに差し出す、というヒジョーに身動きの取りにくい日々を送っています。生きているうちの行動の大半を決められてしまっている、といっても過言ではないでしょう。

一昔前まではそれが「当たり前」な時代だったようです。でも今は違う。昔ながらのビジネスでさえも、インターネットによって前代未聞の簡単さとスピーディーさで発展することが可能になりました。これは、資金のない個人レベルの事業でさえも、ビジネスチャンスがドカン!と広がっているということ

その「広がり」の事実を知っているからこそ何かを始めたい、そう感じる人が多くなってきているのは当然だと思います。少なくともこの国では、現状に不満を感じながらも一歩を踏み出さない理由なんて、ほとんどない時代です

business-books_ins7

でも、そこまでは多くの人が、なんとなく自覚している状況のようにも感じます。企業で働く社員から、弁護士などの個人開業者、画家や作家、音楽アーティストまで、競争の激しいデジタル業界での話題作りに必死な状況。

そして結局、時間単位の収入に頼らざるを得ず、苦労が絶えない。自分の強みを活かして起業しても、なかなか満足のいく結果に結びつかない

その問題には、この書籍に詰め込まれた「具体的な戦略」が役立ちそうです。

新たな舞台を的確に把握すれば、見込み客の関心を集めることも、関係を構築することも、さまざまな意味で単純になった。それこそまさに、本書が話そうとしていることである。

(中略)

つまり、多くの人がローンチを必要としている。大ヒット商品や繁盛しているビジネス、ブランドはどれも、ローンチの成功を出発点としている。のんびりとスタートを切っている暇などない。

必要なのは、ビジネスの成功に欠かせない、勢いとキャッシュフローなのだ。

P.19

この本で明らかにされている「ビジネスローンチまでの戦略」は、短期間で成功する方法ではありません。ただし最終的に「ワンクリックで日常を一変させる」ほどの戦略が詰め込まれています。何もない状態の今、何をしていくべきなのか。霧まみれで見えなかった道が、すーっと晴れて見えてきます。

売れればいいな、の「ホープマーケティング」から「持続的に成長させるマーケティング」へ

企業勤めに馴染めず、経営の知識なんてほとんどない”主夫”だった。そんな著者がどん底から作り上げた、コストをかけない戦略。下準備とプランニングからビジネスを本当に「ローンチ」するまでの具体的なノウハウ。必ず知っておきたい知識が詰め込まれた書籍です。

⇒「ザ・ローンチ」(ダイレクト出版)

コンテンツの秘密-ぼくがジブリで考えたこと

戦略だけじゃあ、もちろんダメ。

自分や会社が生み出す商品やサービスについて、こんなことを思ったことはありませんか?

なんで思ってたより売れないんだろう?

クオリティー高い作品ばっか納品してるのに、認めてもらえねぇ!

はたから見ると、自分の作品はどんな印象を与えてるんだろう?

大ヒット商品との違いって、いったいナニ?

商品やサービスは、消費者に届いて、満足してもらって、初めて価値が生まれる」と考えています。これまで挙げてきた書籍にあるような、戦略という意味でのマーケティングとは違った視点で、生み出す「コンテンツそのもの」の価値を見つめる必要もありますよね。

business-books_ins8

というわけで再び出てきました、川上量生さん。彼は本書執筆時点でドワンゴ代表取締役会長であると同時に「スタジオジブリ・プロデューサー見習い」という肩書も持っています。

まあ肩書はともかく、彼がスタジオジブリに在籍中、「コンテンツ」というものの定義や、いわゆる「天才クリエイター」と「ふつうのクリエイター」の差とはなんなのか。毎日のように考え、結論に至ったものを言語化したのが、この本です。

誰もが触れたことのあるジブリ作品を例に検証していく様は、誰もが理解しやすい。「魔女の宅急便」に隠されていた”魔法のトリック”なんてことにも触れられていたり、楽しく読めます。

で、もちろん、ただの「ジブリの秘密、暴露本!」なんかじゃない。
個人的に興味深かったのは…

コンテンツに含まれる情報量と、その影響力

誰もが脳のなかにもっている、理想的なイメージ

クリエイターは創作時、どんなことをしているのか

創作で苦しむ理由とは

生み出したコンテンツがユーザーに響くプロセス

コンテンツが時代やプラットフォームごとにパターン化される理由

コンテンツのサイクル

クリエイターは結局、どこで勝負しているのか

創作のアイデアの出し方とは

天才とは

“コンテンツそのもの”の定義

オモシロソーでしょ?
念のため言っておくと、本の目次をただ並べているわけじゃありませんよ。これだけのことが私に「残っている」んです。

クリエイターでさえ無意識の現象、抽象的な表現しかできなかったものを言語化したこの書籍は、IT企業経営者ならではのものでしょう。そしてその模索に夢中だった中で彼が至った結論には胸を打たれます。

私たちが生み出す商品・サービスを、今までにない視点で見つめなおすことができる。起業家必読の一冊です。

⇒「コンテンツの秘密-ぼくがジブリで考えたこと」 (NHK出版新書 458)

人と組織の問題を劇的に解決するU理論入門

イノベーションを”意図的に”起こす

私たちは、優れたリーダーやクリエイターが「何をどうやっているのか」を観察することはできます。でも、真似をしても同じ結果が出ないことがほとんどだということも知っています

私たちは超一流のリーダー、アスリート、アーティストといった人たちが、常人離れした感性や集中力を持っていることを知っています。たとえばメジャーリーガーのイチロー選手は、まるでピンポン玉を弾き返すように難なくヒットを打っているように見えます。

(中略)

しかしそのやり方を真似たからといって、イチロー選手のような集中力を獲得できるわけではありません。では、どうすればよいのでしょうか?

アスリートの常人離れした集中力、アーティストやクリエイターたちの創造性、観客を魅了する役者や歌手、プレゼンターの圧倒的な存在感といった力の源泉は「内面のあり方」にあるというのがU理論の考えです。

P.3

名実ともに一流と言われる人のインスピレーション、イノベーション、リーダーシップの源泉はいったいなんでしょう?一度考えてみなければ「真似ごと」に終始してしまう可能性もありそうです。

そして真似ごとだけではきっと、想い描くような結果を出すことは難しい。U理論は、そんな「超・根本的な解決策」のヒントを教えてくれます。

一流人物の内面からにじみ出ているもの、溢れだしている何か。それは無意識にせよ、どんなふうに導き出されているのか?それを意図的に起こすにはどうしたらいいのか?

抽象的な議題なんですが、パフォーマンスの向上や自己変革を求める上で、個人的にとてもお世話になりました。そして根拠のない不安や不満を払拭して、まっすぐ前を向いていきたい。そんな時にも助けになる。内面を見直すだけで、意外とスッキリ解決することもあるんです。

⇒「人と組織の問題を劇的に解決するU理論入門」(PHP研究所)

鈴木さんにも分かるネットの未来

ネットの過去から現在、未来の可能性

インターネットって、どこから来て、どこに向かってるんでしょう?

で、まさに今も何気なく、なんの疑問も持たずに利用してますよね。そう、実際便利だから。みんな普通に利用してるから。知らないことが多すぎるから

私たちはきっと、「解らなすぎるもの」に対しては、あまり疑問を持たずに利用する傾向があります。でも「インターネット」は、今やビジネスに欠かせない存在ですよね。

それなら今がどんな状態なのか、これからどこに向かっていくのかということに触れずにはいられないはずです。その存在自体が当たり前すぎて「無意識な無関心状態」になっているだけ。

business-books_ins9

この本を読むと改めて、小学校から人類の歴史を(なかば強制的にも)学ばされてきた理由が分かります。色んな失敗や成功例が積み重ねられて今がある。だから先人たちの知恵を活用する。

自分の短い人生の中で、イチからぜーんぶ同じことをやって検証することが、どれだけもったいないことか・・・ビジネスというフィールドに移ると急に盲目になってしまう気がします。

ぼくが師事するスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーに入社当初から与えられていたテーマがあります。ネットとはなにか、をぼくにも分かるように書いてくれ、という命題です。

(中略)

ネットの世界はこけおどしとハッタリに満ちています。本来はネットの外の世間を騙すためのごまかしだと思うのですが、ネットの中の人たちも、いっしょに騙されているので始末に負えません。

長年ネット業界にいるぼくが、本当のネットとはこうですよね、という、むしろネットの中の人たちへのメッセージを、ネットから一番遠そうな鈴木さんたちに向けて書くのは、なかなかに痛快なことだと思ったのです。

P.1〜3

この本は、アナログの時代もデジタルの時代もどっぷりと経験してきた”デジアナ世代”としての経営経験から、「ネットの世界では今、なにが起きているのか。どこに向かっていくのか」を教えてくれます。

WEBコンテンツはすべて無料になっていくのか?ネット時代のクリエイターに求められるものとは?WEBコンテンツとプラットフォームの今後とは?

なかでも、「オープン」なプラットフォームが「クローズド」なプラットフォームに勝ってきた歴史と今後の展望についての考察は、きっと大手企業の間ではもはや常識なんだろうなぁ、と思わせるもの。そして個人がその常識を体系的に知り得る機会はなかなかないだろうなぁ、と思わせるものでした。

勝負するプラットフォームを間違えてしまうと、どんなに強力な商品やスキルを持っていても、プラットフォーム側の都合で搾取されてしまうことになるかもしれません

自分がどんなプラットフォームで勝負していくべきなのか。
大きな指針となる書籍です。

⇒「鈴木さんにも分かるネットの未来」(岩波新書)




おまけのもう一品

さて念のためことわっておくと、3度も登場した著者、川上氏を崇拝しているわけではありません。(もちろん尊敬はしています)他にも紹介したい良書はたくさんあるんですが、今回のタイトルテーマを柱に、出来るだけコンパクトに選定した結果の6選でした。

というわけで、”流れ的に繋がる”おまけの一品をもうひとつ。

ザ・プラットフォーム-IT企業はなぜ世界を変えるのか?

上であげた「鈴木さんにも分かるネットの未来」と同様、インターネットサービス界において書かれた本ですが、より「プラットフォーム」に着目した視点でまとめられています。

こうした楽天のデザインを、欧米のECサイトのようなすっきりしたデザインと比較して、批判している人もしばしば見かけます。

しかし、その人たちは「目的がはっきりしている状態で商品を探すためのインターフェイス」と、「目的が必ずしもはっきりしない状態で、なんとなく商品を買いたくなるインターフェイス」が、まったく別のロジックで設計されるものだということを忘れていると思います。

P.176〜177

上の文章から少し考えを巡らせれば・・・SEOやソーシャルメディア戦略に置き換えても当てはまりそうな話だと思います。日本という国が持つプラットフォームの特殊性。自分にしかできない、誰かを笑顔にし続ける「自己実現のプラットフォーム」とその可能性。

この国で起業するということに、勇気を与えてくれる書籍です。

⇒「ザ・プラットフォーム – IT企業はなぜ世界を変えるのか?」(NHK出版)




起業に欠かせない「ビジョン・強み・戦略」

以上、起業したくなったら読んでおきたいビジネス書6選を紹介してきました。私の価値観をふんだんにぶっかけた、ボリュームたっぷりのフルコース。自信を持っておすすめできる、質の高いものばかりです。

日本では現在、新しくスタートしたビジネスのうち60%は1年以内に倒産し、さらに5年以内には80%が倒産しているというデータもあるようですが、その原因の多くは経営やマーケティングに関しての知識不足にあるというのも、しばしば話題にされていることです

なんとなく始めてうまくいった、なんてことになったら嬉しいですけど…それこそ運まかせでしょう。宝くじ当てるぞ!ってなもんでしょう。宝くじ当て続けるぞ!ってなもんでしょう。

business-books_ins1

結局のところ、起業して軌道に乗るためには、ビジョンをもって戦略的に進めていくことが必要になってくる、ということなんですね。ビジョンを持って強みを活かし、戦略的に進めていく・・・サラッと言えるほど、簡単にはイメージできません。言葉にするほど小難しい。

だからその前に、自分の強みをみつけて、うまく活かしていける環境を作りたいですよね。まず最初に自分が取り組めることってなんでしょう?

一歩踏み出すことの貴重さ

強みが見つからないなら見つける一歩を、軌道に乗れないなら解決するための一歩を踏み出せばいい。そのために、先人の知恵を有効に活用し、自分に必要なアクションを見つけて動き出す。しっかり消化して、力にして、動き出していくということが大切だと思っています。

不安や不満でいっぱいの生活に、自分で変化を起こすことはできます。幸福感を高めることだってできるはずです。一度きりの人生で一歩を踏み出してみることは、本当に貴重なこと。自分がステージに立って、そこからの景色を見ずに一生を終えるなんてもったいない。

これは、まだ浅いながらも今の自分が発信したいこと、実践して示し続けていきたいことです。

記事が気に入ったら
Requ.logを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Requ.log | レク.ログ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 理想のWEBサイトを直感デザイン。TCD『テーマオプション』の使い方
  2. “知っているつもり”の拡張子、jpg gif png。画…
  3. カッコ美しい、オリジナルシェアボタン。サイトデザインに合わせた作り方と簡単カスタ…
  4. 実践あるのみ!TCDテーマで学ぶ、記事装飾の簡単カスタマイズとCSSの基本
  5. アレ?Chromeの表示文字、汚なくなった!? キレイなフォントを1分で取り戻そ…

関連記事

  1. meta-seo-inspector_ecmg

    マーケティング

    基本的なSEOチェックに。DescriptionやOGPを確認できるChrome拡張META SEO…

    せっかく設定したなら、チェックしよう。メタタイトル、メタディスクリ…

  2. retina_ecmg
  3. extension-tools-for-bloggers_ec

    ブログ

    【作業順まとめ】ブログを彩る!記事作りが捗る!クオリティー底上げに役立つ10個のツール

    知らなきゃもったいない。先日、とある交差点で信号待ちをしていた時の…

  4. blog-contents_ecrt

    思考志向 - シコウシコウ

    ブログにおける「価値あるコンテンツ」とは?三大要素と”オリジナリティー”の正…

    いまだから、考えるべきこと。音楽制作をしていると、"自分の発するも…

  5. switch-by-the-device_ecmg
  6. show-title-tag_ecmg

    マーケティング

    もっと…見せてくれませんか?タブに隠れた見えないタイトル。Show Title Tagを…

    ちょっと見せてるぐらいなら...全部見せてください。誤解しないで。…

スポンサーリンク
高速・安定レンタルサーバー
高速・高機能・高安定レンタルサーバー【エックスサーバー】 高速・高機能・高安定レンタルサーバー【エックスサーバー】

Requ.Sound Lab. | レク.サウンドラボ

レク.サウンドラボ

音に、景色と”振る舞い”を。

特集記事

  1. extension-tools-for-bloggers_ec
  2. adjust-the-button_ecmg
  3. todoist_ec
  4. display-speed_ec
  5. tcd-theme-user-review_ecmg
  6. tcd-theme-selection_ecmg
  7. original-share-button_ecmg
  8. todoist-extension_ecmg
  9. retina_ecmg
  10. business-books_ecmg

ピックアップ記事

  1. facebook-fast-display_ecmg
  2. like-button-card_ecmg
  3. blog-contents_ecrt
  4. facebook-app-id-app-secret_ecmg
  5. facebook-page-plugin_ecmg
  6. tcd-theme-options_ecmg
  7. todoist-basic_ec
  8. original-share-button_ecmg
  9. tcd-css-customize_ecmg
  10. todoist-constitution_ec

強みを見つけて、活かしていくために。

business-books

タスク管理で、自己管理。

todoist

おすすめ記事

  1. 瞬間転送。写真もURLもポンっ!スマホとパソコン間のデータ移…
  2. 簡単に予定変更。Todoistで実現する、カレンダーだけでは…
  3. ”ブログにおいしい”、注釈画像の作り方。矢印や枠線、文字を追…
  4. 【Retinaディスプレイ対応1】Macで綺麗に。Windo…
  5. Screenpresso(スクリーンプレッソ)を使うなら、や…

ブログのRetina対応、始めませんか?

retina-os-solution

ブログクオリティー底上げ10ツール

extools-for-bloggers

最近の記事

  1. 「私の名前はページプラグイン。」Facebookページのいい…
  2. 瞬間奥義「非同期設定」。Facebookのいいねボタン、ペー…
  3. feedlyのフォロワー数が表示されないっ!?SNS Cou…
  4. カッコ美しい、オリジナルシェアボタン。サイトデザインに合わせ…
  5. 【実例集】細部の余白まで美しく。オリジナルシェアボタンのデザ…

ゆっくり、フシギなGIFアニメ。

gif-animation

とっておきのWordPressテーマ。

tcd-theme-selection

Requ.log | おすすめビジネス書

コンテンツの秘密-ぼくがジブリで考えたこと 「言葉にできる」は武器になる。
プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える 日本人の知らなかったフリーエージェント起業術

Requ.log | おすすめ物語

モモ マリコ/マリキータ
なんくるない たったひとつの冴えたやりかた

Requ.log | WordPress Theme

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

Requ.log | STORY

  1. 「あの時、気づけなかった。」苦しい時に思い出して奮い立つ、人…
  2. 心が折れそうに辛いとき。一歩前へ踏み出し紡がれた、今へ続くス…
  3. 大切な人の最後の1年
  1. improvement-flow_ecmg

    マネジメント

    最低限習得しておきたい自己管理術。忙しくても、頭と心は軽くしておく生活改善フロー…
  2. valuable-content-from-image_ec

    ワードプレス

    『伝わりやすいブログ』を作るには?画像で届ける価値あるコンテンツ
  3. original-share-button_ecmg

    マーケティング

    カッコ美しい、オリジナルシェアボタン。サイトデザインに合わせた作り方と簡単カスタ…
  4. display-speed_ec

    ワードプレス

    目指せ軽量化!今から始める、WordPressサイトの表示スピード改善計画
  5. tcd-theme-selection_ecmg

    ワードプレス

    【目的別】とっておきのWordPressテーマ比較。TCDテーマのおすすめメンバ…
PAGE TOP