analytics-ip-filter_ecmg

マーケティング

自分のアクセス痕は残さない。アナリティクスのフィルタで自宅のIPアドレスを除外する方法

サイト運営をしているなら、Googleアナリティクスを利用している人は多いでしょう。
アナリティクスさんは優秀であるがゆえに、サイト運営者つまり自分の足あとまで、もれなく統計に含めてしまうこともご存知でしょう。

そう、例えば「公開前の下書き記事のプレビューURL」なんてものの表示回数まで、ご丁寧に拾ってくれます。特にサイト立ち上げ直後であれば、その結果「下書き記事のプレビューURLが閲覧数トップ!」なんていうことも起こり、なんとも言えない切なさに包まれることになります。

プレビューだけじゃありません。自分のサイトのレイアウトや、公開後の記事の表示具合を確認することだって頻繁にあります。つまりそんな状態では・・・

アナリティクスで色々調べていても、自分の足あとも追っていることになる

自分のアクセスまで統計に含まれてしまっていたら、やはり正確なアクセス解析はできません。

analytics-ip-filter_ins

じゃあ、自分のサイトは覗かないほうがいい?

でも、記事作成中にプレビューで何度も表示具合を確認したいし・・

スマホでの表示も確認したいし・・

そりゃそーです。どーすりゃえーねん、となるわけです。じゃあ、

自分のアクセスだけをまるまる、アナリティクスのカウントから除外
できればベストなわけですよね。

そのためにはいろいろな方法があります。会社運用に適した方法なども含め様々ですが、ここでは個人のサイト運営者の場合にフォーカスして、一番手軽で安全な方法を説明します

 作業の流れ

「グローバルIPアドレスとは?」をざっくり知る

 自宅のグローバルIPアドレスを知る

 Googleアナリティクスで除外設定

「グローバルIPアドレスとは?」をざっくり知る

早速出ました、難しそうな単語。【グローバルIPアドレス】。

「IPアドレス」はそれなりに耳にしたことはあるでしょう。少々乱暴にいうと、自分がWEBアクセスする際に割り当てられている「住所」のようなもの。このIPアドレスにも実はいろいろ種類があるんですが、今回必要なものは【グローバルIPアドレス】。目的に不要な知識は割愛。

グローバルIPアドレスは一般的に、契約プロバイダーから与えられているもの。特別な契約をした覚えが無ければ、ルーターの電源を入れ直したりする度に自動変更されるものです。電源ひとつですぐにお引っ越しさせられるわけです。

 プロバイダーによっては自動変更されないこともあるようです。
今回の目的にあたってはどちらでもOKなので、気にせず進めましょう。

自宅のグローバルIPアドレスを知る

知る方法は簡単。WEBサービスを利用します。
サービスもいくつかありますが、ここでは「IPひろば」を利用してみましょう。

》IPひろば:環境変数チェック 

上記ページにアクセスし、「環境変数を表示」をクリック。

analytics-ip-filter_01

すると現在の利用環境情報がズラッと表示され、その中の【リモートアドレス(IP)】に表示されている数字の羅列(例:11.111.111.111)が、現在のあなたの【グローバルIPアドレス】です。

analytics-ip-filter_02

Googleアナリティクスで除外設定

あとはアナリティクスにそのアドレスを登録するだけです。Googleアナリティクスにログインし、上部の「管理」に移動。そして「アカウント」の「すべてのフィルタ」を選択。

analytics-ip-filter_03

analytics-ip-filter_04

「フィルタを追加」ボタンをクリックし、設定していきます。いや、簡単です。大丈夫です。

analytics-ip-filter_05

 クリックで拡大

analytics-ip-filter_06

 上図の説明

1.「フィルタ名」に任意の名前を入れて、

2.「フィルタの種類」は【除外】【IPアドレスからのトラフィック】【等しい】に。

3.「IP アドレス」に先ほど調べたグローバルIPアドレスを入れて、

4.「使用可能なビュー」にある【すべてのウェブサイトデータ】を選択し、

5.「追加」ボタン。右側の「選択したビュー」に移動します。最後に保存ボタンで完了。

 ここでは2つのサイトに適用しているため、【すべてのウェブサイトデータ】が2つあります。1つのサイト運営であれば、1つだけ表示されています。

analytics-ip-filter_07

登録完了!

これ以降、同環境からのアクセスはアナリティクスにカウントされなくなります。試しにサイトを表示して、アナリティクスの「リアルタイム」で確認してみれば完璧です。

analytics-ip-filter_08

ちなみに、同じWi-Fi環境下での利用であれば、スマートフォンやタブレットなど、別のデバイスからのアクセスも同様に除外してくれます。同じルーターを利用しているので当然ですね。

analytics-ip-filter_ins2

別の言い方をすると、「Wi-Fiではなく、ルーターからパソコンにLANケーブル1本で直刺し」の場合は、そのパソコンからのアクセスだけ除外される、ということ。

IPアドレスが変更されるタイミングと対処法

注意点は、ルーターの電源を一度オフにした場合、ほぼ必ず【グローバルIPアドレス】は変更されるということ。その際は改めて現在のアドレスを調べ、アナリティクスで更新しましょう。

私もルーターの調子が悪い時は、一度ルーターの電源を切り再起動して復旧させることがあるので、その際は改めて、設定済みのフィルタ内、「IPアドレス」欄を更新しています。新しいフィルタを作る必要もないですし、そう頻繁に起こることではないので面倒なこともありません。

 ここでは固定IPアドレス設定をしていない方へ向けた説明をしています。固定IPアドレス設定をしている場合は、IPアドレスはルーターのオンオフに影響されないようです。

「外出先でも設定できる」という利点

analytics-ip-filter_ins3

また、自宅だけでなく頻繁に訪れる出先でのアクセス除外も、同様にIPアドレスを調べて新しいフィルタを追加すればOK。不要になればフィルタを削除。柔軟に対応できますね。

「Jetpack」を利用していても、設定しておきたい

WordPressでサイト運営している場合、「Jetpack」プラグインを利用している人も多いと思います。ダッシュボードで直感的に様々な解析データに触れられるのでとても便利ですが、やはり自分のアクセス数もカウントされてしまうんですよね。

管理画面にログイン中の閲覧数はカウントされないようですが、ちょっとした確認の前に必ずログインしなければならない。スマートフォンからの閲覧もカウントされてしまう。どーも気軽に表示確認できません。

そして常にログインしていたとしても、閲覧数など、アナリティクスとの数値にはいつも差がある。どーもフカシギ。でも実際すごーく便利・・・

そのへんの感覚には個人差があるとは思いますが、「Jetpack」利用者でも、Googleアナリティクスを併用している人は多いはず。せっかくなので、アナリティクス側では除外設定をして、正確なアクセス解析データが得られるようにしておきましょう。

そして何より、そんな自分のちょっとしたアクセス数に左右されないようなサイト構築を目指していきたいですね。

記事が気に入ったら
Requ.logを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Requ.log | レク.ログ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 「忙しくてやりたいことができない・・!」に効く。マイペースに習慣を変えるタスク管…
  2. 理想のWEBサイトを直感デザイン。TCD『テーマオプション』の使い方
  3. 不要なメール通知にうんざり!購読・迷惑メールの解除をまとめて設定するUnroll…
  4. もっとストレスフリーに・・Todoistの連携ワザで高速タスク登録!
  5. あっという間に仕事効率化。ブログにも使えるMac定型文ツール「Dash」の設定方…

関連記事

  1. blog-theme-mag_ecmg-ps

    ワードプレス

    【使用者レビュー】WordPress初心者にこそおすすめのブログテーマ、TCD「MAG」のデフォルト…

    本当のことを話します。ワードプレスのブログテーマ【MAG】。このサ…

  2. lightshot_ecmg

    WEBデザイン

    Windows?Mac?なんでもゴザレ。スクリーンショットに特化したキャプチャーツールLightSh…

    "気軽な"先輩をウマく使おう。それなりに融通のきくMacのスクリー…

  3. simple-image-sizes_ec-ps

    ワードプレス

    メディア問題さん、さようなら。画像サイズを気ままに追加するプラグイン「Simple Image Si…

    挿入画像サイズ、もっと自由に選びたい。ハイどーも。お悩み相談室のコ…

  4. business-books_ecmg
  5. display-speed_ec

    ワードプレス

    目指せ軽量化!今から始める、WordPressサイトの表示スピード改善計画

    あなたの●●●、ちょっと重すぎない? いえ、すみません。あなた…

  6. retina_ecmg
【Requ.log記事】魅力的なブログを、今すぐ作る。
tcd-mag
【Requ.log記事】魅力を活かす、カスタマイズまとめ。
tcd-mag

特集記事

  1. todoist-tips_ecmg
  2. adjust-the-button_ecmg
  3. display-speed_ec
  4. tcd-mag_ecmg-ps
  5. theme-change_ecrt
  6. tcd-theme-selection_ecmg-ps

ピックアップ記事

  1. annotation-image_ecmg
  2. compress-jpeg-png-images_ecrt
  3. facebook-page-plugin_ecmg-ps
  4. widgetoon-js-count-jsoon_ecmg
  5. todoist-class_ecrt
  6. tcd-css-customize_ecmg

タスク管理で、自己管理。

todoist

掘り出し記事

  1. child-theme-mechanism_ecmg-ps
  2. pushbullet_ec
  3. facebook-fast-display_ecmg
  4. backup-all-in-auto_ec

魅力的なブログを、今すぐ作る。

tcd-mag

ブログのRetina対応、始めませんか?

retina-os-solution

ピックアップ記事

  1. tcd-theme-options_ecmg
  2. todoist-routine_ecrt
  3. annotation-image_ecmg
  4. todoist-constitution_ec

ゆっくり、フシギなGIFアニメ。

gif-animation

とっておきのWordPressテーマ。

tcd-theme-selection

最近の記事

  1. spark-tutorial-ecmg
  2. modern-dilemma-ecmg
  3. paradigm-shift-ecmg
  4. irreplaceable-ecmg

Requ.log | WordPress Theme

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

思考系ピックアップ記事

  1. reset-button_ecrt
  2. modern-dilemma-ecmg
  3. restriction_ecmg-ps
  4. blog-contents_ecrt
  1. tcd-theme-user-review_ecmg

    ワードプレス

    TCDテーマ導入前に知っておきたい、2つの注目機能とユーザー目線レビュー
  2. valuable-content-from-image_ec

    ワードプレス

    『伝わりやすいブログ』を作るには?画像で届ける価値あるコンテンツ
  3. todoist-extension_ecmg

    マネジメント

    いつでもどこでも即タスク化。Todoistの便利すぎる拡張機能4選
  4. adjust-the-button_ecmg

    ワードプレス

    【実例集】細部の余白まで美しく。オリジナルシェアボタンのデザイン変更と調整方法
  5. theme-change_ecrt

    ワードプレス

    【徹底検証】乗り換えたいでしょ?WordPressTCDテーマの変更方法と注意点…
PAGE TOP