spark-tutorial-ecmg

マネジメント

Todoistとも連携。複数のメールアカウントを一括管理するMac・iPhone用無料アプリ「Spark」の機能と使い方

GmailやYahooメールなど、複数のWEBメールアカウントを管理している人は多いでしょう。

無料でいくつでも作れる

仕事やプライベート、ショッピング用など用途別に管理できる

見逃せないメールが埋もれにくくなる

などなど、メリットが多いからですね。でも一方では・・・
メールを受信するたびに、「受信したメールアカウントのページ」に移動しなければならない

Gmailアドレスに受信したならGmailページへ。Yahooアドレスに受信したならYahooメールページへ・・・といった具合です。

spark-tutorial-ins1

例えGmailだけで複数アカウントを利用していたとしても、アカウントを都度切りかえる必要がある。これが意外と、いや非常ぉにメンドクサイ。

spark-tutorial-01

複数アカウントをまとめるだけのサービスはあります。でも、愛用しているブラウザ拡張機能も手放したくない。例えば、メールをそのままTodoistに登録して返信をタスク化したり・・・

spark-tutorial-02

領収書などをバウチャーとしてEvernoteに保存したり・・・

spark-tutorial-03

・・なんとかなりませんかねぇ?

理想の条件

全アカウントの受信メールが、ひとつの受信トレイ(Inbox)に整理される

モバイルデバイスと同期させて持ち運べる

返信・送信元アドレスを自由に切り替えられる

アカウントごとに署名などの定型文を設定できる

拡張機能と同じように、他のアプリと連携できる

Spark】なら、ぜんぶ解決します。

願いを叶えるメールクライアント「Spark」(スパーク)

spark-tutorial-04

Sparkは、Mac・iPhone・iPad・iPod touch・Apple Watch用の無料アプリ。広告や課金サービスもありません。各デバイスにインストールすれば、シームレスに同期してくれます。

spark-tutorial-05

挙動も安定していてサクサク動く。リリース当初からアップデートされ続け、モバイルアプリ(iOS)は完全に日本語化されました。細かなカスタマイズ方法もさわればわかります。そして一番の特徴は、スワイプ操作でメールを管理できるスピード感でしょう。

spark-tutorial-06

Mac版の雰囲気は公式動画でチラッとどうぞ。英語ばかりですが安心してください。私たちがやり取りするメールは日本語ですから。

【動画】Spark概要(1分)

spark-tutorial-07
モバイルアプリだけ、またはMacアプリだけでも利用できます。

複数アカウントのメールがひとつのInboxにまとめられる

spark-tutorial-08

SparkはGmail、Exchange、Yahoo、iCloud、Outlook、その他IMAPサーバーに対応。いくつでも登録できます。もちろん、GmailやYahooだけの複数登録も可能。「Add Account」から登録するだけで、すべてのアカウントの受信メールがInbox(受信トレイ)に集約します

spark-tutorial-09

spark-tutorial-10

spark-tutorial-11

モバイルアプリからでも簡単に。

spark-tutorial-12

視認性がよく、各アカウントへのアクセスもスムーズ

spark-tutorial-13

上の画像のように、各メールはアカウントごとに色付けされます。つまり「どのアカウントのメールなのか」が一目瞭然。
さらに、ラベルを付けてフォルダ分けをしているものにはラベル名が表示されます

spark-tutorial-14

spark-tutorial-15

今は、ひとつのメールアカウントの内容だけを表示したい・・

そんなときの切り替えもスムーズです。Inboxや送信済みメール、ピン留めしたメールなど、アクセスしたい種類のプルダウンを開いて選ぶだけ

 Inbox/送信済み/ピン留め

spark-tutorial-16

spark-tutorial-17

spark-tutorial-18

モバイルアプリは種類ではなく、アカウントごとのプルダウンになっています。

spark-tutorial-19

spark-tutorial-20

Sparkの「Pins(ピン留め)」は、Gmailの「スター付き」メールに該当。互いに反映しあうので安心して利用できます。もちろん、フォルダ分けリスト(ラベル)も互換性があります。

使えばクセになる「Smart Inbox」モード

spark-tutorial-ins2

Sparkでは受信トレイに2通りの表示方法があり、全アカウントの受信メールがひたすら並ぶ【Inbox】モードに加え、【Smart Inbox】モードがあります。

 Inbox/Smart Inbox

spark-tutorial-21

spark-tutorial-22

Smart Inboxモードでは「アカウント毎の新着メール枠」「メールマガジン枠」「ピン付きメール枠」「既読済みで受信トレイに残っているメール枠」ーー などなど自動で分けて表示してくれるので、各アカウントやメールの種類別で全体を把握したいときに役立ちます

Macではクリックひとつ、モバイルではタップひとつで切り替えできるのでサッと把握できる。「いらないと思っていたけど意外と使っている」。そんな機能です。

スワイプ操作でサクサク。「Inboxゼロ」が気持ちいい

spark-tutorial-23

Sparkは「受信トレイを常に(から)の状態にしておく」、いわゆる【インボックス・ゼロ】のメール管理術にもとづいて設計されています。
特にスワイプ操作で次々と処理できる機能はその最たるもの。というか気持ちいい。

spark-tutorial-06

用が済んだメールは「アーカイブ」または「削除」

フォルダ分けしたいメールは「移動」で整理

今対応できないものは「スヌーズ」で一旦Inboxからどかしておく
→指定時間にまたInboxに出現させる

ーー といった具合に、すべての受信メールに何らかの処理をすることで、メール対応を効率化することができます。また、iPhone・iPadなどのモバイルだけでなく、Macでも同じようにスワイプ操作できるのは他にあまり見かけない特徴です。

spark-tutorial-24

spark-tutorial-25

spark-tutorial-26

spark-tutorial-27

添付ファイルや署名、スワイプの挙動設定も自由自在

spark-tutorial-ins3

Sparkはとにかく多機能です。MacOSなら「Preferences」から、iOSなら「設定」から、それぞれ好みにカスタマイズできます。

 MacOS

spark-tutorial-28

 iOS(iPhone)

spark-tutorial-29

・・・いやむしろ多機能すぎる感。エラい詰めこんではります。

触わっていればわかることも多いですし、Sparkはそもそもデフォルトの状態でじゅうぶん便利に使えます。というわけで、ここでは4つだけピックアップして紹介します。

1. 添付ファイルをDropboxやGoogleDriveと共有

spark-tutorial-30

自分が使用しているクラウドサービスを認証させれば、受信メールの添付ファイルをクラウド上に保存したり、送信メールにクラウド上のファイルを添付することができます。

対応サービスはDropbox、GoogleDrive、OneDrive、Evernote、Pocketなどの9種類。オンラインストレージをはじめ、利用者が多いサービスを網羅しているので助かります。

spark-tutorial-31

下の公式動画では一連の様子がよくわかります。
なお動画では英語表記ですが、iOSはすべて日本語化されています。

【動画】添付ファイルをクラウドサービスと共有(53秒)
spark-tutorial-32
動画の流れ

(1)GoogleDriveのアカウントを認証

(2)受信メールの添付ファイルをDropboxに保存

(3)返信メールにGoogleDrive上のファイルを添付

2. メールの送信元アドレスを都度選択できる

新規作成メール・返信メール問わず、「どのメールアカウントから送信するか」を都度切りかえることができます。また、デフォルトアカウントをあらかじめ設定しておくことも可能です。

 Fromをクリックで切りかえ/デフォルト設定

spark-tutorial-33

spark-tutorial-34

もちろん、モバイルアプリでも。

 差出人をタップで切りかえ/デフォルト設定

spark-tutorial-35

spark-tutorial-36

3. 各アカウントごとに署名設定ができる

Macは「Preferences」→「Signatures」、モバイルは「設定」→「署名」から、それぞれのアカウントごとに署名を設定できます。

 Mac/iPhone

spark-tutorial-37

spark-tutorial-38

本文の最後に記載される、名前や連絡先、ホームページなどの情報。ここで一度設定しておけば、以降は自動で挿入されることになります。もちろん、不要であれば設定しないでOK。

4. スワイプ操作時の挙動を好みに設定できる

Macは「Preferences」→「General」→「Swipe Actions」、モバイルは「設定」→「カスタマイズ」→「スワイプ」から設定できます。

 Mac

spark-tutorial-39

spark-tutorial-40

 iPhone

spark-tutorial-41

spark-tutorial-42

TodoistやEvernoteに、メールをリンク付きで登録できる

spark-tutorial-43

現状ではMacアプリだけに実装されている機能ですが、いろいろな外部アプリケーションやWEBサービスと、おいしく連携させることができます。

タスク管理ツールやEvernoteにメールをサクッと登録できれば、ものすごく便利だと思いませんか?それがSpark内で実現します。

対応サービスと連携方法

連携できる主なサービスは、Todoist、Things、Wunderlist、OmniFocus、Trello、2Doなどのタスク管理ツールや、Evernote、OneNote、Bearなどのノート系アプリ、Apple標準のリマインダーなどが対応しています。需要のあるものばかりですね。

spark-tutorial-46

連携方法も簡単です。どのメールでもいいので、ヘッダー部にある三点リーダー(「…」マーク)から「Add service」を選択。連携したいサービスを選び、認証させるだけ。

spark-tutorial-47

一度認証をすると、以降は連携されているサービスのアイコンが表示されます。アイコンを選択すれば、各サービスで見慣れた登録画面が表示されるので迷うこともないでしょう。

spark-tutorial-48

spark-tutorial-45

下の公式動画では、認証済みのEvernoteへ受信メールを保存する様子がよくわかります。

【動画】SparkからEvernoteへメールを保存(44秒)

spark-tutorial-49

Evernoteアプリを別途インストールしていれば、「Evernoteに保存したノートから、再度Sparkで該当メールを開く」、なんてこともできるのがわかりますね。

Todoistでの管理がより柔軟に

spark-tutorial-02

上の画像のように、TodoistはChromeの拡張機能により、メールをタスクとして登録することができます。ものすごく便利なこの連携。ほぼ同じことをSparkからできるようになりました。

spark-tutorial-50

spark-tutorial-53

spark-tutorial-51

もちろん該当メールへのリンク付き。Sparkで再び開くことができます

spark-tutorial-52

複数のメールアカウントを利用している場合、アカウント間を行ったり来たりしていたあの不便さが解消されるわけです。拡張機能の愛用者なら、この ”一元管理感”、嬉しいですよね。

他にも愛用している外部アプリがあればぜひとも導入してください。
とても美味しくいただけます。

Spark for Mac

iOS App

Spark - メールがもう一度楽しくなる

Spark - メールがもう一度楽しくなる
posted with アプリーチ

記事が気に入ったら
Requ.logを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

Requ.log | レク.ログ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 「私の名前はページプラグイン。」Facebookページのいいね!ボタンをWord…
  2. 【基本編】スケジュール・タスク管理の大黒柱。万能ツールTodoistの使い方を徹…
  3. Windows?Mac?なんでもゴザレ。スクリーンショットに特化したキャプチャー…
  4. Todoistとも連携。複数のメールアカウントを一括管理するMac・iPhone…
  5. TodoistでToDoリスト。プロジェクトやタスクの階層化で頭の中を楽にする

関連記事

  1. restriction_ecmg-ps
  2. todoist-routine_ecrt

    マネジメント

    「忙しくてやりたいことができない・・!」に効く。マイペースに習慣を変えるタスク管理術

    想い描く未来に、一歩前進。「ワタシ、本当はやりたいことがあるんだけ…

  3. todoist-extension_ecmg

    マネジメント

    いつでもどこでも即タスク化。Todoistの便利すぎる拡張機能4選

    さらに便利に。タスク管理の母艦へ。Todoistはそれ自体の持つ機…

  4. phrase-express_ecmg

    マネジメント

    魔法のような仕事効率化。ブログにも使えるWindows定型文ツール「PhraseExpress」の設…

    「ズバッと入力」でラクしよう。HTMLの入力、メールの文言、署名・…

  5. pushbullet_ec

    マネジメント

    瞬間転送。写真もURLもポンっ!スマホとパソコン間のデータ移動が捗るPushbulletの使い方

    メールで送るより、ずっとお手軽。スマートフォンとパソコン間でデータ…

  6. mailbox-goodbye-snooze_ec

    マネジメント

    サービス終了前に済ませたい、Mailboxアプリのスヌーズ設定解除方法

    お別れ前に、最初に済ませておきたいこと。世界中で愛用されていたメー…

【Requ.log記事】魅力的なブログを、今すぐ作る。
tcd-mag
【Requ.log記事】魅力を活かす、カスタマイズまとめ。
tcd-mag

特集記事

  1. retina_ecmg
  2. display-speed_ec
  3. business-books_ecmg
  4. theme-change_ecrt
  5. todoist-tips_ecmg
  6. adjust-the-button_ecmg

ピックアップ記事

  1. tcd-theme-options_ecmg
  2. widgetoon-js-count-jsoon_ecmg
  3. annotation-image_ecmg
  4. spark-tutorial-ecmg
  5. todoist-basic_ec-ps
  6. todoist-class_ecrt

タスク管理で、自己管理。

todoist

掘り出し記事

  1. pushbullet_ec
  2. mergely-ecmg
  3. meta-seo-inspector_ecmg
  4. screenpresso-initial-setting_ec

魅力的なブログを、今すぐ作る。

tcd-mag

ブログのRetina対応、始めませんか?

retina-os-solution

ピックアップ記事

  1. child-theme_ecmg
  2. like-button-card_ecmg-ps
  3. quicktag_ecmg
  4. original-share-button_ecmg-ps

ゆっくり、フシギなGIFアニメ。

gif-animation

とっておきのWordPressテーマ。

tcd-theme-selection

最近の記事

  1. spark-tutorial-ecmg
  2. modern-dilemma-ecmg
  3. paradigm-shift-ecmg
  4. irreplaceable-ecmg

Requ.log | WordPress Theme

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

思考系ピックアップ記事

  1. modern-dilemma-ecmg
  2. blog-contents_ecrt
  3. restriction_ecmg-ps
  4. reset-button_ecrt
  1. tcd-theme-selection_ecmg-ps

    ワードプレス

    【目的別】とっておきのWordPressテーマ比較。TCDテーマのおすすめメンバ…
  2. retina_ecmg

    ワードプレス

    【保存版】知ったら戻れない、美しさの極みへ。WordPress画像のRetina…
  3. tcd-theme-user-review_ecmg

    ワードプレス

    TCDテーマ導入前に知っておきたい、2つの注目機能とユーザー目線レビュー
  4. theme-change_ecrt

    ワードプレス

    【徹底検証】乗り換えたいでしょ?WordPressTCDテーマの変更方法と注意点…
  5. tcd-mag_ecmg-ps

    ワードプレス

    魅力的なブログで収益化。ワードプレステーマTCD【MAG】の有効的な活用方法とカ…
PAGE TOP